もう飲まなくなったお酒、誰も飲まないまま自宅や倉庫に保管したままのお酒をそのまま廃棄してしまうのはとても勿体ない事です。
お宝ウイスキーやプレミアム日本酒が眠っているかもしれません。

そんな大事なお酒を酒買取り専門店で売った方々の体験談をまとめました。
これからお酒をファイブニーズなどの専門の買取り店で売りたい方、参考にしてくださいね。

  大量にあるお酒をまとめて買ってくれた

体験談①

祖父がお酒が好きで、趣味でコレクションしていました。
ところが祖父が亡くなり、父も自分もお酒はあまり飲まないので自宅にお酒が結構溜まってしまって困りました。
自宅の改築をきっかけに、祖父のコレクションを売ろうという話になったのですが、なんせお酒の数が100本近くあり、ネットオークションで売るにはかなり手間が掛かります。

そこでお酒の買取り業者にお願いして、見積もりをしてもらいました。
お酒をお店まで持っていけないので担当者の方に見に来てもらって大体の買取り価格を出してもらったら、かなりの金額になってビックリしました!

その日は「ちょっと考えます」と言って帰ってもらったのですが、家族と相談して売ろうと言う話になり、後日自宅まで来てもらいまとめて引き取ってもらいました。
お酒をお店まで持っていく手間もかからず、まとまったお金になって家族で喜びました。

  過疎地に住んでいても買い取ってもらえた

体験談②

私は地方に住んでいるので、近所にお酒の買取り店がありません。
父が肝硬変で入院しお酒が飲めなくなったので、父が買ったお酒を処分してもらおうと酒の買取り店に連絡したら対応が丁寧で安心しました。

手持ちのお酒の種類や銘柄をリスト化してFAXで送ったら、すぐに買取り金額の概算が送られてきて迅速に対応してもらえて安心できました。
買い取り額は約3万円で期待していた程高くはなかったのですが、他に売るあてもなくてそのお店に送る事にしました。
お酒を送るための段ボールや緩衝材は送ってもらえましたし、HPにお酒の送り方も細かく掲載されていたのでそれを見ながら作業出来たので助かりました。


買取り金額はやっぱり3万円でしたが、お酒が処分できてお金にもなったので感謝しています。
過疎地に住んでいてもお酒が売れて良かったです。

  高級酒とは知らなかった

体験談③

退職時に会社の上司からもらったお酒が2本あるのですが、ずっと飲まないまま手元に置いてあり「飲まないなら売ってしまおうかな」と思い、酒買取り専門店に見積もりをお願いしました。
するとかなり珍しいウイスキーだったみたいで、2本で5万円の査定がついた時はビックリしましたね。

お酒の好きな上司だったので、とっておきのウイスキーを贈ってくれたんだな、と思って嬉しくなりました。
買い取り額が分かって本当に良かったです。