「お酒をもらったけれど、誰も飲まないしどうしよう?」
「お酒を飲むつもりで買ったはいいが、医者から飲酒を禁止されてしまった。買ったお酒を処分出来ないものか」

自分で購入したり人から頂いたお酒、本来は飲んで楽しむ物ですが、何らかの事情でそれが出来ない時は「人に譲る」と言う方法があります。
お酒をそのまま廃棄する方法もありますが、中には高価な商品があるかもしれません。

友人や知人に譲って楽しんでもらうのも良いのですが、手持ちのお酒をお金に換えたい時はネットオークションで売る方法があります。
ネットオークションは商品を出品していれば、入札したい方が自動的に入札額を入力する方式で、人気のある商品ほど高く落札されるのがメリットです。

このページではネットオークションでお酒を売る方法についてまとめています。

  ネットオークションで売るメリット

お酒をネットオークションを利用して売る場合、人気のある銘柄や限定品の場合入札希望者がドッと押しよせて大量の入札が掛かるのが嬉しい点です。
特に流行のお酒(獺祭など)やレアもののお酒などは、出品して1日もたたないうちに入札が入ります。

人気のあるオークションは人が人を呼び、どんどん入札回数が増えます。
入札されるうちに価格もうなぎ登り。
限定品や品薄の商品、人気商品は高値で落札される可能性大。

オークションの場合、開始価格をあまりに安くしてしまうと最低価格で落札されてしまう可能性があるため、出来るだけ希望に近い金額からスタートするのが良いです。
ヤフーオークションの場合、Tポイントが貯まる特典もありお得。

  ネットオークションで売るデメリット

便利なネットオークションですが、困った点もあります。

落札者の中には意図的に落札した商品に対してクレームをつける悪質な人物もいますし、連絡の遅い人もいます。
商品が届いたにも関わらず「まだ届いていない」と言う方もいるかもしれません。

そこで発送には宅急便や配達記録が付くものを使い、確実に相手が受け取った事を証明出来る発送方法を選びましょう。
またお酒の場合は割れ物ですので、輸送中の傷や破損に対応出来るように、補償のついた発送方法を選ぶべきです。

また実際に経験した例ですが

  落札した相手に住所や電話番号
  氏名
  メールアドレス

などのプライベートな情報を渡してしまいますので、メールアドレスに不審なメールが届いたり自宅に心当たりのない企業からDMが届くなどのトラブルが起きる可能性があります。
取引に使うメールアドレスは、出来るだけ普段あまり使わないフリーメールを利用するなど注意が必要です。